ブランド戦略からプロモーションツールまで。一気通貫型のデザインサービス

Baby Tokyoは、ブランドを産み育てる会社をデザインの面から専門的にサポートする、クリエイティブデザインカンパニーです。

ブランディング戦略型のメリット

ブランディング戦略はデザイン展開の最も重要な部分です。戦略次第で、各々のプロモーションツールは最高の武器にも無用の長物にもなり得るからです。適切なブランディング戦略により、統制のとれた一貫性のあるプロモーションツールを作り、有効活用しましょう。Baby Tokyoは、ブランディング戦略とプロモーションデザイン制作のプロフェッショナル集団です。

最適な戦略をオリジナル設計

戦略とマッチしたVI開発

プロモーションツールまで一括制作

SPECIALITY

ブランド戦略から各種プロモーションツールまで。プロデューサーが案件ごとにチーム編成をします。まずはお問い合わせください。

ブランディング戦略コンサルタント

企業や商品/サービスのブランディング戦略を立てます。丁寧なヒアリングと作戦会議を重ね、ブランドの中心部分であるDNAを言語化します。

VI開発

言語化したブランドDNAを可視化します。想いと狙いを凝縮したロゴデザイン、イメージを的確に伝えるカラーパレット、ブランドの世界観を豊かに伝えるグラフィック要素などを、熟練のデザイナーが戦略的に作りあげます。

プロモーションツール制作

各種プロモーションツールの制作を承ります。広告、CM、パッケージデザイン、販促ツール、ショップカード、名刺、封筒、便箋、カタログ、ポスター、内装、外装、メニュー、デジタルサイネージ、映像、ブランドWebサイトなど。

デザイン関連の講師業

ブランディング戦略とデザインプロデュースに関する豊富な知見を活かし、セミナー講演、講師、執筆などを行なっております。ブランディング戦略や優れたデザインの啓蒙活動のために、尽力いたします。

一大プロジェクトから、

小さなプロジェクトまで。

広告・ブランディング・デザイン分野での高い専門性と豊富な経験、多くのプロフェッショナルとの繋がりを生かし、あなたのプロジェクトをブランディング・デザイン面から総合的にサポートします。

総納品数*

取扱可能なプロジェクト予算(億円/年間)

ミニマムなお取引実績(万円)

創業からの経過年数

*代表の片平が前職時代に起業前に取扱った案件実績を含みます

Why we are different

我々の強みは、ブランディングからデザイン戦略、プロモーションツールまでを一気通貫型でご提供できる所にあります。プロジェクトごとに、最適なメンバーからなるチームを作り、実制作にあたります。プロデューサーによる戦略立案・コンセプト作り・コンサル事業を基軸にしている仕組みなので、特定のアイテム制作にとらわれることなく、柔軟な対応が可能です。

WORKS

SKILLS

Baby Tokyoは、東京に拠点を置くデザインカンパニーです。代表であるプロデューサーの片平優は、伝統あるクリエイティブエージェンシー Light Publicityにて、約10年ほど経験を積んだのちに独立しました。安定感のあるデザイン制作進行、質の高いデザイン、クリエイターとの豊富なネットワークは、こうした背景から形成されます。

お客様の声

どこかアナログで暖かい、でも納品されるデザインは超一級。大満足です。本当にありがとう御座いました。

池島 寛悟

代表取締役, SCULPTOR株式会社

ブランディングをお願いしました。深堀インタビューからタグラインを抽出してもらえてロゴデザインに繋がり、我々の「御守」となりました。
田中 康之

代表取締役, 株式会社ベーカリーイノベーション研究所

依頼物の完成までの間、様々なアイディアや方向性を提案して頂きました。それを精査することで、我々自身もはっきりとした方向性が見え納得のいくブランドロゴを作ることができました。

金井 幹英

ジェネラルマネージャー, (有)ティーケイトインターナショナル

クライアント(私)の個性を深く理解し、一切の妥協を許さずセンス抜群の作品をご納品頂き感謝しています。

松本 浩

代表取締役, ロズウェイ株式会社

企業側の理念や想いをカタチにするブランディングの重要性を学ぶことができました。
岡本 純子

プロジェクトマスター, 株式会社ベーカリーイノベーション研究所

THE NIKKO MONKEYSは、Baby Tokyoが産んだ最幸のブランドです。バブー!!

鶴巻康文 a.k.a ボス猿

NIKKO BREWING

お問い合わせ

ブランディングやデザイン、プロモーションツール制作に関するお問い合わせは、下記からメールにてお気軽にご連絡くださいませ。お問い合わせでプロジェクトが始まる仕組みではなく、この段階で費用は発生いたしませんのでご安心ください。